不用品回収業者になりたい方に情報を提供するサイト

一般廃棄物収集運搬業許可

断捨離ブームやミニマリストとしての生き方の広まりや、リサイクル、リユースへの意識の高まりなど、不用品回収を仕事にしようとする方々にとっては追い風が吹いています。
リサイクルショップの経営や、副業として不用品売買を始めてみようと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

断捨離とは、断「家に入ってくる不要な物を断つ」、捨「家にある不要な物を捨てる」、離「物に対する執着から離れる」ことを意味しています。
物に空間を圧迫されることなく快適に暮らし、物に時間や気力を奪われることなく心身ともに健康に暮らすことを目的としています。

ミニマリストは、必要最小限の物だけを持って、日々を豊かに暮らす人々のことです。
自分自身にとって、本当に必要な物、お気に入りの物だけに囲まれて生活することでかえって豊かに過ごすことができるという考え方です。

ご自身のお家、お部屋を見まわしてみると、たくさんの物に囲まれているという方も多いのではないでしょうか。
一度も使ったことがない物だとしても、いつかは使うかも、せっかく買った物だし、などと考えてしまうとなかなか捨てられない方もいらっしゃるでしょう。
そういう方は不用品回収業者に回収を依頼すると、他の誰かの役に立つことになるかもしれません。

このサイトでは、断捨離や片付けを手助けしてくれる不用品回収業者になるために必要な資格についてお伝えします。
同じく不用品を扱う、リサイクルショップや遺品整理についてもご紹介します。
また、悪徳業者の見分け方についてもお伝えするので、ぜひ最後まで読んでみてください。

単なる片付けで終わらない

不用品回収をしようと考えた時に、思いつきやすいのは各家庭が不要としている品を集めることでしょう。 廃棄物にも種類があり、それぞれ収集するのに必要な許可が違ってきます。 このページでは、家庭から不用品を回収する時に必要な許可についてお伝えします。

産業廃棄物収集運搬業許可

一般家庭からの回収が難しいのであれば、企業や工場などからの回収を検討してみましょう。 産業廃棄物を回収するには「産業廃棄物収集運搬業」の許可が必要となります。 どのような資格なのでしょうか。 また、資格取得にあたって何が必要となるのでしょうか。 確認しておきましょう。

古物商の許可

中古品などを買ったり、売ったりする場合には、古物商の許可が必要です。 古物商と聞くと、アンティークや高価な美術品などを思い浮かべる方も多い方と思います。 しかし、古物商が扱うのはそれだけではありません。 一度使われた中古品や、新品でも売り買いをすることで対象となる場合があります。

トップへもどる