不用品回収業者になりたい方に情報を提供するサイト

>

単なる片付けで終わらない

家庭の廃棄物を回収するには

廃棄物には大きく分けて2つの種類があります。
産業廃棄物とは、工場や企業などが行う事業活動にともなって生じる廃棄物のなかで、廃棄物処理法で規定された20種類を指します。
例えば、ゴムくず、金属くず、ガラスくず、紙くずなどです。
これらに当てはまらないものは一般廃棄物として扱われることとなります。
この一般廃棄物を回収するためには、「一般廃棄物収集運搬業」認可を各自治体から得る必要があります。
しかし、今からこの一般廃棄物収集運搬業の認可を得るのは難しいでしょう。
新たな業者を募集していない自治体が非常に多いからです。
自治体がすでに業者が足りていると判断する場合は新たに募集することがありません。
また、応募できたとしても認可の基準はとても厳しいものです。

地方なら可能性はゼロではない

自治体の処理能力だけでは一般廃棄物を収集運搬することができないと判断した場合には、新たに募集することもあります。
地方でしたらまだチャンスはあります。
廃棄物処理法には、一つでも該当すると認可がおりなくなってしまう10項目があげられていますのでチェックしておきましょう。
前科がある方や、廃棄物処理法においての許可取り消し処分を受けた方は該当する可能性が高いです。
免除される期間なども詳しく書かれてありますので、調べておくと良いでしょう。
申請には、許可申請書や事業計画書などのほかに、一般廃棄物を適切に処理できることの証明などが必要になります。
法人の場合は提出する書類が増えますので、こちらも確認しておきましょう。


この記事をシェアする

トップへもどる