不用品回収業者になりたい方に情報を提供するサイト

>

産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物を回収するには

産業廃棄物収集運搬業の許可を各都道府県知事から受けるためには、講習に参加したり、適切な事業計画を立てていること、収集運搬するための施設・設備を備えていることなどが条件としてあります。
産業廃棄物は漏れだしたり、飛び散ってしまわないような車や容器などが必要なのです。
取得できるかどうか心配な方は、行政書士や法律事務所に相談すればサポートを受けることができます。
もちろん報酬をお支払いする必要があるのですが、許可がおりる確率が上がります。
また、許可が必要な都道府県は、廃棄物を積む場所と下ろす場所それぞれです。
つまり、東京都で積んで、栃木県で下ろす場合は、東京都と栃木県それぞれの知事から許可を受ける必要があるのです。

悪徳業者に注意

廃品回収を専門とする業者の中には、違法な取引や処理を行う業者もあります。
クリーンな運営を目指す方はもちろん、ご自身が悪徳業者の被害者とならないためにも、その手口や見分け方などを知っておくと良いでしょう。
「引き取りは無料」とうたっておきながら、後で「追加料金が必要」など、何かと理由をつけて料金を請求してくるケースが多くあります。
回収したごみを正しく処理せず、違法な投棄を繰り返す業者もあるため、業者選びは慎重に行いましょう。
クレームを避けるためにきちんとした情報を開示しない業者もいるようです。
回収依頼を検討している場合には、インターネットなどでその業者について調べてみることをおすすめします。
家庭の廃棄物を回収できるのは一般廃棄物収集運搬業の許可を得ているものだけです。
きちんと自治体から認可されている業者なのか確認しておくと安心でしょう。


この記事をシェアする

トップへもどる